赤木剛憲(あかぎたけのり)

声優梁田清之(やなだきよゆき)
主人公との関係性味方
誕生日5月10日
性別
年齢17歳
血液型
身長197cm
体重93kg
性格熱血
ルックス
肌色ペールオレンジ(肌色)
髪色黒系
丸目
目の色茶色系

名言

12話:(桜木との特訓する際に)「リバウンドを制する者は、ゲームを制す。」

45話:(三井に「あぁ、おめえはどうした、赤木。まだゴリラらしい暴れっぷりは、出てねえんじゃねえか。」と言われ)「ぬかせ。」

50話:(海南大附属の試合を前にして)「ついに、ついにここまで来た。3年にして初めて、海南大附属への挑戦権を手に入れたぞ。」

50話:(海南大附属の試合の前のミーティングにて)「海南は、雲の上の存在だと思うか?手をのばしても飛び上がっても、届かない存在だと思っているか?実績で言えばたしかにそうだ。過去の実績から言えば、海南とうちは天と地ほども違う。だが、俺は、俺はいつも寝る前に、この日を想像していた。湘北が、神奈川の王者海南大附属と、インターハイ出場をかけて戦うところを、毎晩思い描いていた。1年の時からずっとだ。絶対勝つ!」

53話:(海南大附属戦で足のけがをして)「くそっ。どうしてだ。なぜ今?骨が、骨が折れてもいい。歩けなくなってもいい。やっと掴んだチャンスなんだ!」

55話:(ハーフタイムで掛け声をかける際に)「いいか。何度も何度も言ってきたが、今ほどそう思ったことはない。俺たちは強い!」

58話:(清田のダンクに対し)「100年早いわー!」

タイトルとURLをコピーしました