デカダンスのあらすじ&感想

1話目のあらすじ&感想

デカダンスは、人類を絶滅の危機に追いやった未知の生物ガドルを、残された人間が倒すSF&ファンタジーアニメです。

デカダンスというのは、タイトルでありガドルを倒すための移動できる要塞なのですが、そこにはいろんな人がいるんですね。
ガドルと戦う人はもちろんのこと、要塞を整備する人や食事を作る人などいろんな人がいます。

主人公カブラギやヒロインナツメもその一人なのですが、いろんな人が力を合わせてガドルを倒すぞ!
人類を救うぞ!というのが、デカダンスの内容です。

と、そう思っていたのですが、実は2話目を見て衝撃の事実が発覚しています。
「ん?何が起こったんだ?」と一瞬思ったのですが、ネタバレが嫌な場合は、ここで離脱して実際に見ていただけたらなと。

で、肝心の衝撃の事実なのですが、人間がデカダンスに乗ってガドルを倒すぞ!という物語ではないということなんですね。

実は、デカダンスというのは、先ほどの通りタイトルであり移動要塞でもあるのですが、サイボーグが作ったゲームの名前。
要は、サイボーグが人間をガドルと戦わせて点数を競うゲームだということでして、人間はサイボーグにチップで管理されているというわけです。

いやー、この設定にはびっくりしたのですが、サイボーグに駒として戦わされているということに、人間が気付いていないというのが何とも言えないですよね。

そんなわけですが、ナツメがその事実に気付くのか?
また、気付いたとしたらどうなるのか?が気になるアニメです。

タイトルとURLをコピーしました