ガンバの冒険の名言

ガンバ

「そっちが言えー。参ったかー?」

「それでもてめー尻尾のあるネズミかよー。尻尾に恥ずかしくねーのかよー。」

「んなこと俺にも分かんねー。ただよー。ただ、海へ出ろー。ノロイへ行けって尻尾がうずくんだよー。」

「俺たちが尻尾を合わせれば怖いものなしさ。」

「でも俺、海がまたぐんと好きになっちゃったよ。」

「なんだかさー、尻尾が動かないんだよ。」

イカサマ

「そんなんじゃねーよ。ただ賽の目がよ。ノロイへ行く方へ出ちまったのよ。」

「賽はもう投げられたんだ。戦いはもう始まってんだぜ。」

ガクシャ

「この問題は科学的に処理すべきなのですねー。科学的に、吾輩の得意とする、科学的にです。」

「気になんかしてませんよ。尻尾が短いのはね。進化している証拠ですからな。」

シジン

「できそうだ。今日こそいい詩ができそうだ。」

「おーい。雪山よ雪山よ。あんたあの子のなんなのさ。」

忠太(ちゅうた)

「丁(ちょう)ー。」

「僕泣き虫じゃなかったよー。ほんとだよー。」

ボーボ

「船はどうなったの?」

「尻尾がなんだか変な感じ。」

ヨイショ

「一度尻尾を結び合った仲だ。置き去りにはできねえ。」

「ガンバ―。尻尾だ。尻尾を立てろー。」

ガンバの冒険のトップに戻る
タイトルとURLをコピーしました