スラムダンクの名シーン

7話:桜木が赤木の頭にダンク

1年生VS2,3年生の練習試合で、ダンクしたくてうずうずしていた桜木が、ゴールではなく赤木の頭にダンクをするシーンがありました。
真剣にダンクをするはずが、よりによって赤木の頭にダンクするそのギャップに笑えましたね。

27話:三井が安西先生に再会

不良になった三井は、湘北高校バスケ部を廃部にさせるべくのりこみました。
三井もバスケ部も血が出るほどのけがをしたのですが、すると中学時代に「諦めたら、そこで試合終了だよ。」と声をかけてくれた安西先生の姿が。
そんな安西先生に再会し、涙ながらに「先生。安西先生。ば、バスケが、したいです。」と伝えたのは、感動のシーンでした。

44話:翔陽戦で三井が活躍

ブランクがあった三井は、スタミナの問題がありました。
後半、息が上がり今にも倒れそうなそんな時、安西先生の「諦めたら、そこで試合終了だよ。」を思い出し復活。
3ポイントシュートを決めたり諦めずにボールを取りに行っていましたが、元不良から改心した三井の感動のシーンでした。

53話:海南大附属での赤木のインターハイへの思い

ここ1番で赤木がけがをし、足がぱんぱん。
ただ、足がどうなってもいいから試合に出たいという赤木のインターハイへの思いには、胸が熱くなりました。

83話:陵南戦で木暮が3ポイントシュート

決して才能に恵まれているとは言えない木暮でしたが、陵南の田岡監督は木暮からディフェンスを外すよう指示しました。
それくらい過小評価された中、大事な大事な場面で3ポイントシュートを決めることに。
これまでの努力が報われたシーンに感動しました。

100話:2万本のシュート練習の末、桜木がシュートを決める

やっとダンク&レイアップができるようになった桜木でしたが、シュートは苦手でした。
そんな桜木は、安西先生や晴子や桜木軍団と2万本のシュートを練習をしたのですが、翔陽&陵南との練習試合でシュートを決めたシーンに感動しました。

スラムダンクのトップに戻る
タイトルとURLをコピーしました